‘那須グルメ’ カテゴリーのアーカイブ

バウムクーヘンはお好きですか?

暑い夏も終わり、残暑もまだ厳しいですが、そろそろ“食欲の秋”を迎えます。
そこでご紹介したいバウムクーヘン屋さんが一軒茶屋交差点からハイランドに向って左手直ぐに(Kaninchen)(カーンヒエン:ドイツ語でウサギ)があります。(しっとりソフトな「ナスバウム ソフト」が私は好きです。またハイランドのオーナーがやっているので、安心してお気軽に立寄りください。)
10:30OPEN~17:30CLOSE火曜日定休(オフシーズンは不定休)また隣りには、レストラン(Kazu)(前は“和”と言う名前でもう少し湯本方向に上がった所でやっていらっしゃいました。)もやっていますのでご利用ください。11:30OPEN~20:00(ラストオーダー)火曜日定休

お洒落な店内

ナスバウムはソフト、ベルグ(ホワイトorチョコ)があります。

KaninchenとKazuの入口

一軒茶屋からハイランドに向かい直ぐ左手に看板見えます。

本日は那須の内弁当のご紹介です。

那須には某イタリアンレストラン、某ベーカリー、某定食屋さんと、行列ができるお店がいくつもありますが、実は私はあんまり食べたことがありません。

地元なので、なんだか並んでまで食べる気がしないんですね。いつでも食べられると思ってしまって。

そんな那須のグルメ音痴の私ですが、最近きになっているのが、「那須の内弁当」(通称なすべん)です。

ちなみになすべんはどこかひとつのレストランで食べられるのではなく、ルールを統一し、協議会に認定された9つのレストランで提供されています。



なすべんを名乗るにはルールがあり、

1.正式な名称を「那須の内弁当」とし、愛称を「なすべん」とする。

2.9種類の那須産農畜産物を食材として使用する。※もっと細かい規定がありますが割愛します。

3.協議会指定の那須の八溝杉を使った特製プレート(なすべんプレート)を使う。

4.9種類の料理はすべて個別の器に盛る。プレートの真ん中に那須和牛料理を置き、そのほかの料理を円状に配置する。

5.使用食材とメニュー名、調理内容を記した「おしながき」をつける。

6.販売価格は1,200円(税込)以下とする。

というものです。

一食で那須の食材を堪能できる好企画ですね。値段も手ごろなので、どこかで食べてみたいと思います。9つのレストランそれぞれが知恵を絞ってメニューを開発してますので、食べ比べるのも良さそうです。

那須ハイランド内では、TOWAピュアコテージ内のル・ロージェで1日20食限定で提供しています。

ちなみに「なすべん」とは言っても持ち帰りはできませんので悪しからず。パンフレットは管理事務所にありますので、自由にお持ち帰りください。

写真で見るとどれもおいしそう!!