NASU HIGHLAND
那須最大の別荘地

NASU HIGHLAND

那須ハイランドでしか実現しない
上質なリゾートライフ

那須連山の壮麗なパノラマビューは、山岳・湖沼・滝・湿原からなる文化遺産"日光国立公園"だからこそ存在する唯一無二のロケーション。「那須ハイランド」は、那須連山・黒尾谷岳のなだらかな南斜面に広がる、半世紀にわたり大切に育まれてきた那須高原最大の別荘地です。東京ドーム170個分に相当する約800万m2の広大な敷地、総区画数約5,000におよび、1つの別荘が200~300坪という広い物件が大きな特徴です。那須ICから車で20分という優れたアクセス、近隣エリアには様々な観光スポットや施設が揃い、別荘LIFEに最適な場所です。常駐スタッフが1年を通した管理体制や、サポート体制で安心をご提供しております。

お勧めの別荘を見る

Evolution常に進化し続ける別荘地がここにあります

全国の別荘地では、現在衰退化が進んでいるエリアが多くあります。那須ハイランドでは、別荘地内の開発や整備はもちろんのこと、様々なバリエーションのゲストハウスの建築・カフェやSHOPのオープン・体験型レジャー施設やファミリー向けアトラクションの開設・新しい建築デザインやプランの拡充・バケーションレンタルディレクションの購入プランなど、常に進化発展を進めているオンリーワンの別荘地です。

お勧めの別荘を見る

History半世紀に続くリゾート、那須ハイランド

那須ハイランドは1964年(昭和39年)に開発が着手され、以来半世紀にわたって発展を続けてきました。標高約550mの那須ハイランドパークを南端に、標高約1,050m域にまで及ぶ広大な高原全体が別荘地エリアであり、800万m2超にわたる別荘分譲地には、常時、約100区画の別荘地や建売物件をご用意しております。エリア内は車道が縦横に巡り、水道・電気・電話・温泉・インターネット光回線などのインフラも整備され、高原のリゾートとしての快適な環境をそなえています。水道は栃木県認可による直営で、水質の良いお水をご提供しております。また、管理センターでは365日体制でフロント業務、建物管理、生活利便サービスを行っており、皆様の快適な生活をサポートしています。アクセスでは、東北新幹線『那須塩原駅』、東北自動車道『那須インターチェンジ』からも20分~30分圏と最高の条件にあり、その他に別荘と管理事務所、那須ハイランドパーク等を結ぶ『デマンドバス』もオーナーの足として運行しています。

Development
History
Story

藤和不動産(現三菱地所レジデンス㈱)は1957年6月、当時の藤田組(現(株)フジタ)本社内に設立された。不動産の売買、斡旋を行うことによって藤田組の民間からの工事受注を増大させることが狙いであった。主に東京近郊での宅地分譲を盛んに行い設立当初100万円だった資本金も1960年には950万円に増資した。1964年、那須高原において、230万坪に及ぶ広大な別荘地の総合開発着手の話が持ち込まれた。これが「那須ハイランド」開発のスタートにつながったのである。当時、那須ハイランドの辺りは、地元の人も入り込んだことのないというほどのまったくの原生林、藤和不動産としてもこの開発を引き受ければ、今までに無い一大事業となる。そこで急遽、担当者が現地視察のために那須へ飛び、原生林に分け入ってみると、眺望は抜群、全体が南傾斜、木立の種類の豊富さ、水など数々の条件を検討した結果、別荘地総合開発について確固たる自信を持ったのである。国内でもおそらく他に例のない、壮大な別荘地総合開発ということで開発を決断。当時、社員数30人、資本金1億円の藤和不動産にとって総額200億円にものぼる一大事業への着手であった。土地の売買契約後、担当者達が湯本から通じている林道づたいに現地に足を踏み入れ、そして那須町役場とさまざまな許認可関係の折衝を開始した。当時としては、人も入らぬ原生林をホテル、スポーツ施設などを整えた一大ユートピアにすべく開発をするとは、とても役場の人たちには信じられないことで、担当者が役場を訪ねても「なんだ、また、夢みたいな話をしに来たのか」と全く相手にしてもらえないほどであった。それでも関係者それぞれの努力が実り、全社を挙げて開発体制が敷かれ、11月10日には地元の有力者を集めて那須ビューホテルにおいて開発ビジョン発表会が開かれた。この時以来それまで聞いたことも無かった藤和不動産という名前が那須全体に知れ渡り、確固たる信用を得ることができたのである。こうして地元も協力的に藤和不動産を応援してくれる中で、1964年11月30日第一回現地案内会が挙行された。ジープに分乗してデコボコ道の林道を途中まで進み、そこから現地までは山歩き。そしてまだ道路も無ければ区画割もしていない土地を遠大な開発計画を説明しただけでお買い上げいただこうというのである。坪当たり6,000円弱という価格であったが、藤和の那須にかける情熱が理解され、1965年3月までに約1万坪が売れた。この第1回案内会を契機に、総合開発別荘地計画は順調な滑り出しを見せた。そして1965年6月、分譲地名は「那須ハイランド」と決定された。これは同年4月に新聞広告で名称を募集したもので、「雄大なイメージ」、「新しい国際的保養地のイメージ」、「地名を想起させるもの」、「読みやすく聞きやすいこと」の4点を選出基準とした。応募数は8,622通。応募された名称の中から、主なものを列記すると、「那須スカイランド」、「那須ユートピア」、「那須ホープランド」、「那須ビューランド」、「那須ロイヤルランド」、「那須サングリラ」、「那須国際高原」、「那須藤高原」、「新那須高原」等であった。最終案を社内で慎重に討議し「那須ハイランド」に正式決定。藤和不動産の歴史の中にいつまでも残ることとなった。

お勧めの別荘を見る

Area広大な別荘地内は20地区に分かれています。

広大な那須ハイランド内は、管理事務所前の県道で大きく上下に分かれ20地区で構成されています。
管理事務所のある那須ハイランドの玄関口にあたる地区をあけぼの平。
那須ハイランドパークやTOWAピュアコテージなどレジャー施設が集まり、
別荘地内の水がめにもなっている貯水池がある大清水台。それぞれの機能や特徴を表現して名付けています。

Related facilitiesグループ関連施設のご紹介

那須ハイランドは、エリア内に様々な関連施設がございます。オーナー様やご宿泊のお客様には、無料でご利用できる施設や割引対象のサービスをご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。